2010年06月16日

免許返納の高齢者に特典つけたら…交通事故減った(読売新聞)

 65歳以上のドライバーが運転免許証を自主返納した際、引き換えに岡山県内の店舗での買い物が割引になる「おかやま愛カード」の交付制度が始まって半年で、高齢者の運転に原因があるとみられる交通事故件数が前年同期と比べ、3%程度減少していることがわかった。

 県警運転免許課は「高齢者の交通安全につながり、効果も出てきている」としている。

 カード交付は、増えている高齢者の交通事故対策として、2009年11月に開始。各警察署や県運転免許センターで申請すると顔写真入りのカードが交付され、「高齢者交通安全支援協賛店」に加盟する飲食店やスーパーで料金の割引を受けることができる。また、タクシーや路線バスの運賃割引もある。

 同課によると、4月末までの半年間で、県内の対象者23万6977人(4月末現在)の約1%に当たる2273人が、運転免許証を自主返納。すでに、2009年の1年間で自主返納をした1560人を大きく上回った。また、事故件数は1252件と前年同期比で38件減少、けが人も76人減った。

 一方、返納者からは「交通の足がなくなった」「近くに協賛店がない」などの声も寄せられているという。5月28日現在の協賛店は1243店と制度開始時の約2倍になったが、4月末からの増加店舗数はわずか9店。同課は「協賛店への参加や、交通機関への協力を呼びかけ、利便性をさらに高めたい」としている。

アイドル時代からの体型維持 蓮舫議員の秘密はバナナ?(J-CASTニュース)
九州北部と山口が梅雨入り 平年より7日遅く(産経新聞)
おっと勇み足…市広報紙で「7月11日投票」(読売新聞)
<雑記帳>東京ディズニーランド 1万組目の結婚式(毎日新聞)
顔やけど労災の性差、違憲判決確定 厚労省は障害等級見直しへ(産経新聞)
posted by ババ カズヒサ at 19:12| Comment(20) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

【近ごろ都に流行るもの】トマトラーメン 健康志向追い風 赤い定番(産経新聞)

 みそのまろやかなコクとトマトの酸味の重奏が、太い麺(めん)にからみつく。ラーメン激戦地、東京・新宿小滝橋通りに平成21年に出店した「味噌屋八郎商店」で、意表をつく「トマト味噌らーめん」(880円)に出会った。味の大冒険!?と思いきや、たった12席の店で「1日平均80杯出る。一番人気と言っていい」(同店)堂々の名物なのであった。調べてみれば、我らの国民食ラーメンとトマトの融合が多彩に進化しているようで−。

                   ◇

 「ラーメン店をトマトラーメン専門店に変更したら、1割だった女性客が4割にまで増えました」とは、「太陽のトマト麺」を展開するイートアンドのラーメン営業本部長、福田龍也執行役員(39)。18年の1号店オープンから東京を中心に現在は17店舗に。年商も11億円に拡大した。年内にさらに3店の出店を計画している。

 9割が女性客。休日ともなれば1日約350人が利用する新宿ミロードの店をのぞくと、学生やOL風の女性が赤いラーメンをズズッ〜。「一杯当たり3個分の完熟有機トマトが入っておりビタミンAやC、抗酸化作用のあるリコピンが取れる。女性は食べ物に言い訳を求める傾向があり、『ラーメンだけど健康美容にいい↓食べてよい』とのイメージで支持された。カロリーはウチの通常の塩ラーメンより少し高めの661キロカロリーなんですけどね」と福田さん。

 高齢社会を視野に「健康的でロハスなラーメン」を商品化しようと、野菜とのマッチングを試作するなか「鶏パイタンスープにトマトが絶妙に合った」。豆乳を練り込み卵白でつないだツルツルの特製細麺に鶏チャーシュー。チーズやアサリ、ナスなどの具が好相性なのはいうまでもなし。

 一方、東京・市ケ谷の「黄金の塩らぁ麺 ドゥエイタリアン」はイタリア料理歴25年の石塚和生さん(49)がオーナーシェフをつとめるラーメン店である。「冷製イタリア麺 赤」(1200円)を頼むと、トマトがビッシリの丼が出てきた。なめらかでコシのある麺を一口すすると、やさしい小麦の風味にフレッシュなトマトの甘さが口いっぱいに広がった。

 「生のミニトマトとフルーツトマトにイタリア産の缶詰のトマトを合わせてます。麺の香りがトマトの酸味に負けないように気を使いますね。調味料はラーメンの塩だれと少しの柿酢だけ。これがぼくのトマトラーメンの完成型」と石塚さんは胸を張った。素材の持ち味を引き出すためシンプルを極めている。「あちこちの店でトマトラーメンが増えたけど、チーズやバジルを乗っけてイタリア風とか…なんか違う。トマトがかわいそうだなって思ったんだよ」

 経営していたイタリア料理店が倒産し、再起を図って出演した「ガチンコ!」(TBS系)のラーメン修行企画が転機となった石塚さん。トマト以外にも生ハムやフォアグラなどの意外な素材でラーメンの新境地を開拓している。

                   ◇

 担々麺専門店「蒼龍唐玉堂(そうりゅうとうぎょくどう)」では、まるまる一個がゴロンと載った「赤トマト担々麺」(980円)がインパクト大。「15年に目黒店と六本木店で商品化。当時雑誌に『元祖トマトラーメン』と紹介された」とは、展開する際コーポレーション。紅虎餃子房(べにとらぎょうざぼう)など中華系飲食店170店以上を経営する同社では、さまざまな中華業態でトマト担々麺を提供中。最近はトマト餃子も評判とか。

 健康志向によるトマトブームも追い風。今後キワモノで終わるか定番化するのか!? 気になる。(重松明子)

「だまされたふりを」と現金詐取=警察作戦逆手の振り込め―東京(時事通信)
7月17日から新免許証、裏側に臓器移植欄(読売新聞)
大阪市立斎場の心付け問題 業者「見返り」証言も 市、免職10人含む42人処分(産経新聞)
東京選挙区一気に混迷…山田・元杉並区長出馬で(読売新聞)
菅首相 官房長官に仙谷氏、幹事長に枝野氏起用へ(毎日新聞)
posted by ババ カズヒサ at 22:13| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。